2014年 (8年目)

【1月1日】

年末に爆笑王の話題が出ないと思っていたが、年明け早々に突如発表があったwww

ひょろすこ! 『新年、明けましておめでとうございます。旧年中はいろいろお世話になりました。また今年も楽しく遊びましょう!今年はハイキングが活動主体となりますので、演奏は2~3回やれば十分だと思いますwwwとりあえず楽器類は押入れにいれて、登山靴とリュックを用意しましょうね^^  と言うことで、2013年の爆笑王の発表をさせて頂きます!今回は年末の猛スパートが見事であったashitaka翁の【似た言葉シリーズ】が爆笑王に決定となりました!受賞作は ”ケンタッキーフライドチキン・洗濯機古井戸付近”  ”環境汚染・干瓢乾せん”  この2作は特に秀逸でありました。おめでとうございます!クロニクルによりますと、似た言葉シリーズはごってぃ!発案のようなのですが・・・どうでしょう?間違いない?今までの各シリーズに比べ競技人口が多い種目でありますが、さすが長老が実力を見せ付けてくださいましたね^^  それでは新年会にて表彰をしたいと思いますので、ぜひ企画を立てていただきましょう^^  よろしくお願いいたします!』

【1月2日】

新年早々ashitakaからMirccaMircca2014活動指針が発表された。

『本年は以下のモデルにて活動する。全員ベクトルを合わせ、モデルを踏襲すること。

基本路線・・・・・水戸黄門

テーマ「北関東のとある姫君が、代官の悪行をご老公に直訴するため使者を遣わす。姫君の窮地を救うため、旅立つご一行に悪代官の魔の手が伸びる。」

【配役】

ご老公…Ashitaka 虎斑竹の杖を持つ正義感と優しさを併せ持つ人格者。

佐々木助三郎…sapito あらゆる流派の免許皆伝をされた技巧派、酒好き泥酔の癖あり、奥方様には頭上がらず。

渥美格之進…チチャ 頭脳明晰 支離滅裂 剣の腕はイマイチ口で勝負、こちらも奥方には弱い。

うっかり八兵衛…のん よい茶店を見つける才に長ける。他人の意見はしっかり聞くが、自分の意思もしっかり持つうっかり者。

風車の弥七…無風 悪の道からご老公に救われ、情報収集の役目を担う。台所が得意。風車でなくつまらない冗談を飛ばす。

陽炎お銀… ごってぃ! 毎回の入浴シーンは期待できないが、三味線等のバチさばきは一流品。つまらないことを言う輩にバチをあてる。本人がイチバンつまらないことを言う。

使者…SATOMI 姫君の窮地をご老公に伝える旅の達人、各国の語学にも長ける。北関東から北駿まで銀輪を飛ばす。

舞姫…美川! 悪代官と悪徳商人のいじめに苦しみ使者を派遣する。笛の名手。新参勤入領を治める。

茶蘭義太兵衛忠義…ひょろすこ! 悪代官。舞姫をいじめ倒す、酒と女に眼がなく他人の悪口を吹聴する。

三浦屋義太衛門…ストラト 忠義に摂り付き藩の利権を貪る。悪代官とともに舞姫をいじめる。熟女に眼がない。


以上加筆訂正不可。』

やれやれであるwww

同日、再び来日するカルカスのコンサートについての情報が書かれている。6月8日神奈川県南足柄市でのコンサートであるが、メンバーの大半が楽しみに待つことになる。

【1月6日】

新年早々、似た言葉シリーズがwww

ashitaka 『絶海の孤島・・・でっかいな小僧』

チチャ 『年始の渋滞・・・念視の十代』

どちらもツマラナい凡作ですなwww

【1月8日】

3月に藤枝市で行うコンサートの題名を ”遥かなるアンデスの響き~地球の裏側のモンゴロイド~” としたのであるが、この裏側という表現についてちょっとした議論があった。

SATOMI 『地球の裏側という表現。私も以前は普通に使っていたのですが、ボリビアでの暮らしに慣れてきたころからその表現に違和感を覚えるようになり、使うのをやめました。以来、私は、地球の反対側と言っています。日本が“表”でボリビアは“裏”なんていうことは、決してないと思うんです。』

ひょろすこ! 『SATOMIさん、ありがとうございます。この『地球の裏の~』というのは僕が考えたのですが、実はSATOMIさんと同じ感覚がありまして、やはり『反対側』の方が良いかなとも思いましたが、『反対』という単語の語感の方が気になりました。『裏』という言葉は、自分を主体に考えるとということだからなぁ~ということであり、つまり例えばオーストラリアで売っている世界地図は南半球が上になっているのと同じだよなぁとも。日本海側を裏日本と表現するならなんとなく嫌な感じもするけど・・・という感じですね。でもSATOMIさんのご指摘のように『裏』のほうが語感的に違和感があるかもしれませんね。皆さんはどうでしょうかね?どう感じられますか?』

無風 『地球が丸いと言う考えをやめて、一番遠い場所!でも、意味は通じません?』

ashitaka 『あまり過剰な反応はしなくて良いと思いますが、配慮できる範囲ならしたらどうでしょう?静岡市を真下に掘って行くと、パラグアイの首都アスンシオンに出るらしいので、例えば「地球のま反対」とかね。神経質になりすぎないほうが良いのではないかと思います。無風氏の案いいね!一年に一回くらいしか良いこと言わないから、今年はもう無いね。』

無風 『ホッホッホッ!アシタカ師匠、もっと素直に誉めてもいいですよ!でも、今思ったけど、裏方さん!裏ワザ!裏メニュー!みたいに、悪いイメージで使われないパターンもあるから、使った時に悪意がなければ、いいかなと思いました。それに、裏がないと表は、存在できないし

ひょろすこ! 『藤枝の件ですが、僕個人の決断としては、地球の裏の~のままにしたいと思います。皆さんからのいろいろな意見があり、それぞれ頷けるものでした。また無風さんの一番遠い場所というのも素晴らしいと思います。裏でも反対でも一番遠い場所でもマハンタイでもいいのかなと思いました。ただ、チラシを見る方への印象としては地球の裏のというのが一番分かりやすいのではないかなと思います。南米、特にアンデス地方が何処にあるのか明確には知らない方も多いと思います。そこで、今我々がいる場所の丁度裏側だということを明示すると分かりやすいかなと。ボリビアの方々は日本の事を地球の裏側にあると思っているかもしれません。人間は自分を主体に考えることでモノゴトを理解しやすくなるのではないでしょうか。無風さんが言うように裏という言葉は悪い意味ばかりでもないですし。ただ、MCの時に、こういう議論があったことを説明するのも良いかもしれませんね。いずれにしろ、みんなで議論することは有意義だし楽しいですよね。と、これは僕の個人的判断を述べただけなのですが、いかがでしょうか?・・・こういう書き方すると反論しにくいですよね。でも率直にご意見を出して下さい。いろんな人が意見を出しておりますが、それぞれがなるほど~となるばかりでは結論がでません。個人個人の判断の結論を述べることも大事かなと。反論はいちゃもんではなく議論なのですから、遠慮なく明確な意見を出しましょう。明日中には先方にお返事したいなぁ。』

このように、ミルカミルカではいろいろなことを議論しながら決めている。議論は他の意見を否定するのではなく、ひろく意見を聞きながら全員が納得できる着地点を探すという姿勢を貫いている。そこには古参も新人も関係なく、対等な立場で好き勝手な意見を述べる事ができる。むしろ意見を述べないという態度はなるべく避けてほしいという姿勢である。なんて素晴らしい組織なんでしょう^^

【1月15日】

ひょろすこ! 『UFJを騙ったフィッシング詐欺メールが大量に出回っているようです。皆さん騙されませんようにね!そのメールの内容は・・・”三菱東京UFJ銀行のシステムセキュリティーのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために検証する必要があります。以下のページから登録を続けて下さい。”・・・これ、犯人はごってぃ!じゃね?(笑)』

【1月24日】

6月に来日するロス・カルカスの神奈川県松田町コンサートのチケットを無事確保^^

これで3回連続の最前列中央に陣取ることになった。半年前から楽しみである。

【2月16日】

やや遅くはあったが、恒例の新年会をピカパウにて行う。今回はashitaka翁が初受賞された。残念なことに受賞者の喜びの声は記録されていないwww

【2月23日】

ashitaka翁の似た言葉シリーズ

「プリキュア」ブリキ屋

「三公社五現業」担当者ごめんよう・・・もはや死語だけど

ブリキ屋はお気に入りのようで、数年後まで使用していたwww

銀手・・・35

風ポン・・・526

この上でダブルクリック - テキストの編集

この上でマウスを長押し - パーツの追加・変更・削除・移動

この上でダブルクリック - テキストの編集

この上でマウスを長押し - パーツの追加・変更・削除・移動

ページトップへ